2018/01/19

[2016 ]Maxime Francois Laurent Cotes du Rhone "il Fait Soif"


ドメーヌグラムノンは自分の中ではグルナッシュ好きの始まりの作りてだった。一口目はなんじゃこりゃだったけど、飲み続けるうちに好きになった不思議なワインだった。その後いくつかリリースごとに飲んでいるが味もエチケットの遷移も激しいので味わいは一定というわけではないが、一方でおもしろいグルナッシュの作りてではあるので楽しい。

開けたときはあれ?とおもう匂いを感じる。しばらくして(2時間後くらい)から飲み始めるとざわざわしたものがおちついて飲みやすくなっていた。オーガニック系だから、味わいは果実味あふれる系。ベリー系の色の濃い感じ。それにへんなコク?がないのは世の中のはやりだろうか。香りも奇をてらったものではない。作りてがコンクリートとステンレスタンクで醸造・熟成させているので樽由来とおもわれる要素はない。

なお、このシリーズは早めに飲んでね(3年以内)とのことで熟成なんて考えはないようだ。”乾きをもたらす”とのことだが、また飲みたいという感じまではいたらなかった。理由の一つに似たようなワインが増えていることがあるとおもう・・

ぶどうはグルナッシュ80%、シラー20%
作りてのサイト:http://domaine-gramenon.fr/gramenon/french/maxime-francois-laurent/presentation/