2018/04/30

[2015]TRAPET a minima

a-minima はジュブレ・シャンベルタン近郊で作られるパストゥグラン。どこかでみたことがあるかな?とおもったら、以前はもっとファンシーなエチケットのワインだった。MinimaはMinimumなのか、Biodynamicsにそってぶどう作りに力を入れてワイン造りにはできるだけ手を入れない、亜流塩酸をくわえないなどとなっている。加えないのではや飲みが前提として作られているようだ。
ガメイ主体なのが紫色の液色から伺える。ピノ・ノワール主体だともう少し赤い。高級なボジョレ・ヌーヴォーな味わい?と言っては失礼かもしれないが香りと味はそんなかんじ。酸味は弱く長くもっていてもすかすかになりそうな印象がある。

ガメイを飲んでいるとなぜか鶏のから揚げが食べたくなる。それが一番あっているかどうかはわからないが・・・今度合わせてみたい。